トライアスロン スイム オープンウォータースイム ゴーグル

MENU

トライアスロン、オープンウォータースイム用のゴーグルについて!

トライアスロンのスイム用のゴーグルについてお話したいと思います。

 

このページに来られたということは、トライアスロンやオープンウォータースイムのゴーグルでオススメないかなぁとお探しだと思います。

 

私は今も「まだ、自分にぴったりのゴーグルが他にあるのでは?」
と思っているゴーグルジプシーです・・・。

 

自分にぴったりのゴーグルだと着けた瞬間!25mタイムが5秒短縮!!
そんなことは、絶対にありません(キッパリ)!

 

とは言え、「フィット感」「見え具合」が大事なことは確かです。

 

私が実際に購入したゴーグルについて独断と偏見に満ちた感想(^_^;)を書きます。

 

商品の優劣ではないのでご参考まで。みなさんのゴーグル選びの参考になれば幸いです!

speedo(SD91G80) アクアパルス

 

(↑ 詳細はゴーグル画像をクリックしてください。)

 

今のところ、私にとってベストなゴーグルです。

 

ゴールドウィン(speedoの販売元)のホームページで
「トライアスロン、オープンウォータスイムに最適」みたいなコメントに惹かれて購入しました。

 

プールでの練習、海での練習、滋賀県のびわ湖でのオープンウォータースイミング(以下 OWS)の大会で使いましたが視野角も広く申し分ないです。

 

私は水中がハッキリ見えるレンズが好みなんですが見え方も十分です。

 

目と目の幅によって交換できるように3種類の長さのゴムが入っているので調節できてバッチリです。

 

↓以下の「Speedo(スピード) アクアパルス」を▼クリック▼すると
アマゾンで販売されているSpeedo(スピード) アクアパルスの一覧を表示します。

 

Speedo(スピード) アクアパルスの最安値チェック

 

値段が微妙に違っているので最安値をチェックしてみてくださいね。クチコミ情報も参考になります。

アクアスフィア カイエン


(↑詳細ははゴーグル画像をクリックしてください。)

 

トライアスロン スイムのゴーグルの定番中の定番であるカイエン。

 

私が一番最初に購入したのもカイエンです。
しかも、レンズの色別にクリア、スモーク、ブルーと3つ持ってます。

 

フィット感(フィットのしやすさ)はこのサイトで紹介しているゴーグルの中で一番だと思います。

 

イタリアのダイビングメーカーが製造元だからでしょうか、
ゴーグルの素材が全て吸い付くようにやわらかいので、
他のゴーグルだと小鼻が痛くなる人は試されるとフィット感にびっくりすると思います。

 

視野角もかなり広いです。

 

私が使わなくなってしまった理由は「レンズの見え方(歪み)」です。

 

さきほど、「全体的に柔らか」と書きましたがレンズも軟質性のプラスチック製で、
レンズの厚さが均一でないようです。
レンズ越しに水中や空中で遠くを見ると少し歪みが気になります。

 

カイエンを持ってる人はかなり多いので、
もし、練習会などで持ってる人が居たら、ちょっと借りて見え方をチェックしてみてください。

 

見え方が気にならないなら、フィット感は抜群に良いのでオススメです。

 

着けたときのカッコ良さもNo.1 (個人的見解)


どのレースでも選手の使用率はかなり高い(管理人の印象では使用率No.1)人気のゴーグルです。
1つ持っていても良いかもしれませんね。

 

もし、何色を買おうかな?
と、悩んだときはレンズがブルーのカイエンをオススメします。

 

理由は水が少々濁っていてもブルーのレンズを通すと、あら不思議!
キレイな水の中にいるような感覚になれます。

 

クチコミでもよく書かれていますがベルトの調節しやすさは秀逸です!

 

▼コチラ▼で、アクアスフィア カイエンのアマゾンでの最新価格をチェックできます。

Aqua Sphere アクアスフィア Kayenne(カイエン)最安値チェック

 

商品のクチコミや体験談がアップされているので参考になりますよ。

SWANS(スワンズ) OWS1M


(↑詳細はゴーグル画像をクリックしてください。)

 

日本が誇るジャパンクオリティ 山本光学のブランドSWANS。

 

スイムはもちろん、スキーのゴーグル、サングラス、
理科の実験用の目を保護するためのゴーグルまで製造しています。

 

ちょっと大袈裟ですが、私が通っているスイミングスクールの会員さんでも、
「SWANSしか使ったことがない」というSWANS一筋なファンが多いのも特徴。

 

 

 

SWANS社製のトライアスロン、
オープンウォータースイム用のゴーグルのOWS1M。

 

上の商品写真のレンズはかなり黄色(イエロー)に見えますが、
水中で見ると不思議なことにブルーに見えます。
書き間違いじゃないですよ、「ブルー」に見えます!

 

カイエンでイマイチと感じたレンズの見え方は最高です。

 

ただ、唯一、OWS1Mの残念なところはアイカップの幅(目と目の幅)を調節できません。
固定されています。この固定幅だと私の場合、1時間ほどで小鼻が痛くなります。

 

他のSWANSゴーグルはアイカップの間を調節できるように、
長さの違う5種類くらいのゴムを同梱してくれているのに残念 >_<。

 

アイカップの幅を調節できるなら私のベストゴーグルはOWS1Mなんですが、。

 

もし、固定の目と目の幅でぴったり問題ない人にとってはオススメなゴーグルです。

OWS1Mのベルトの調節もアクアスフィア並にカンタンです。

 

▼コチラ▼でアマゾンのOWS1Mの最新価格をチェックできます。

SWANS(スワンズ) トライアスロン、オープンウォータ用ゴーグル
OWS1M 最安値チェック

 

 

 

SWANS(スワンズ) SRXM

 

(↑詳細はゴーグル画像をクリックしてください。)

 

OWS1Mと同じくSWANSのゴーグルですが、純粋に競泳用のゴーグルです。

 

アイカップにはクッション付きです。

 

あるとき、「別にトライアスロン用とかOWS用にこだわらなくてもいいんじゃないの?」
と思って購入しました。

 

トライアスロン雑誌「LUMINA」のアイテム紹介コーナーに掲載されていたのも購入の背中を押されました。
実際、レースにも競泳用のSWANSゴーグルで出場されている選手は結構います。

 

私もプールでの練習、海での練習で使いましたが特に問題ありません。
レンズも水中がキレイなら遠くまで見えるのでストレスありません。

 

上記の商品写真はCY(クリア イエローミラー)というレンズ色ですが、
これもOWS1Mと同じく水中はブルーに見えます。
タイプミスじゃないですよ、ブルーに見えます!(しつこいかっ?!)

 

もっとブルーが濃いのが良い人はSBFY(スカイブルー フラッシュ イエローミラー)という色があります。
ですが、室内プールで使うとブルーが濃いだけに暗く感じます。屋外だとちょうど良いと思います。

 

欠点を無理矢理あげるなら、競泳用ですのでアイカップが小さ目です。
アイカップが小さ目が苦手な人はやめておいた方がいいです。

 

それともう1点、アイカップが小さいので、真横が見えにくいです。
どのくらい狭いかというと、プールで隣のコースを同じスピードでぴったり真横で泳がれても気づけません。

 

逆に前だけに集中して泳ぎたいという人にはオススメ。

 

SRXMにはレンズが曇りにくい加工(PAF(プレミアムアンチフォグ))がしてありますが、
1ヶ月も使えば PAFナシのSRXMと変わりません。
(私はPAFナシのSRXMも持っています。)

 

曇り止めはどんなゴーグルにも必要です。泳ぐ前に毎回塗る必要ありです。
おすすめの曇り止めはコチラ⇒ SWANS スプレータイプ曇り止め(SA-33B)

 

他にも曇り止めはあるんですが、私は↑この↑スプレータイプがイチバン長持ちするような気がします。

 

「最初だけでも曇りにくいゴーグルが欲しい!」という方は、
SWANS(スワンズ) SRXM PAF が良いです。

 

PAF(プレミアムアンチフォグ)ナシの方がちょっとお安いです。
▼コチラ▼でアマゾンの最新の価格をチェックできるのでどうぞ。

SWANS SRX-M の最安値チェック

 

↑最安値のSWANS(スワンズ) SRXMをチェックできますよ。

スポンサードリンク